副業 -Parallel Work-

【時給1,500円~を目指せる】サラリーマンにおすすめの副業

副業

先行き不透明な時代になり、サラリーマンで副業をしたい人は多く、きっとあなたも例外ではないでしょう。

しかし、一口に副業をすると言っても選択肢がいろいろあり、何をするのがお得か判断に迷っていませんか?

そんなあたなのために、副業実践者である自身の経験や先人の知恵から、サラリーマンにおすすめできる副業の条件具体的な職種を厳選して、紹介します。

副業で将来のリスクに備え、大きく満足できる人生に変えられる可能性を信じて説明しますので、ぜひ参考にしてください。

副業実践者が考えるサラリーマンにおすすめの副業の条件

副業の目的を明確に

最初に、サラリーマンにおすすめできる副業の条件をご紹介していきます。

というのも、正社員という本業があるサラリーマンは、どうしても時間や場所、企業のしがらみによる制約があるのが事実だからです。

たとえば、就業時間外のサラリーマンの副業は権利であるにも関わらず、服料を禁止している企業にお勤めの場合、アルバイトをしてしまうのは危険です。

アルバイトは基本的に給与所得になるため、確定申告を自分でしても、役所でサラリーマンの給与と合算されてしまいバレるリスクがあります。

給与手渡しの短期バイトなら問題は解決されますが、仕事を探す手間と時間がかかり続けますし、時間と場所も制限されるのが現実です。

したがって、安易に副業をしだすのではなく、サラリーマンとしての仕事との両立しつつ、想定どおりに収入を増やせる副業を選ぶのが重要になります。

そこでここからは、おすすめできる副業の具体的な条件を見ていきましょう。

負担は小さく、時給は高い副業

当たり前に感じるかもしれませんが、本業に支障が出ないように負担が小さい職で、時給はなるべく高いものが望ましいです。

本業へ支障が出るほど副業をしてしまうと、懲戒解雇される事由になり得ますし、なるべくあなたの時間や労力を正当な価格で買ってもらうべきです。

したがって、サラリーマンとして培ってきた専門性や知識を必要な人に売ったり、スキルが向上すれば実質的に時給が上がる副業を選ぶべきでしょう。

具体的な副業の職種は後で詳しくご紹介するとしますので、続いて取り組みやすく、続けやすい副業の条件を見ていきましょう。

副業をするのに時間と場所に縛られない

副業には安定して続けられる余裕がとないと、収入が安定しませんし、本業に影響が出る可能性もあります。

したがって、サラリーマンにおすすめできる副業の条件として、時間と場所になるべく縛られないことを重視すべきです。

シフトが組まれたり、場所が指定されていたりすると、どうしてもストレスを感じますし、無理をする時もきます。

平日のスキマ時間などが活用できる副業だと、生産性もあがるので、いわゆるノマドでできる職種がおすすめです。

株や不動産は投資であって副業ではない!?

目的

具体的な副業の種類をご紹介する前に、当サイトでは株や不動産は投資であって、副業ではないとの考えから、副業の区分ではご紹介しないことをお知らせします。

また、FXやデイトレも投機として明確に分け、副業としてはご紹介しません。

今後のために、かるく副業と投資、投機の性質を解説しておきます。

まず、副業は労働なので時間と労力を差し出すかわりにお金を得る行為です。本業とは別のスキルや知識を獲得して、本業に活かしたり、独立につながるのでビジネスとも言えます。

これに対して、投資はお金に働いてもらって、お金を得る方法です。具体的には35歳から月3万円ずつ投資信託の積立をし、25年間で1000万円以上お金を増やすなどです。

そして、投機は大きく得をすることもあれば、損をすることもあるギャンブル性のある行為です。大きく成功する人もいますので、当サイトでも否定はしませんが、コツや知識が必要なので、副業とは別にして詳しく説明をするというわけです。

というわけで、今回は副業を集中してご説明していきます。

もちろん、あなたの今後の目的(老後資金を貯めるなど)に応じて、他の選択肢もバランスよく実践するのが良いでしょう。

過去の自分におすすめしたいサラリーマン向けの副業

副業

筆者は副業実践者であり、自分の経験や先人の知見を過去の自分、あるいは、今の大切な人や友人に教えるなら、正直コレがおすすめで、コレはおすすめしないという副業があります。

というわけで、上記をコンセプトとしてサラリーマンにおすすめの副業を紹介していきます。

専門性や知識でコンサルティングをする

サラリーマンなら、誰しも他業界の人よりも詳しいことがありますし、社内でも何かを教えることもあるでしょう。

そして、これまで培った専門性やスキルを必要とする人は確実にいます。

したがって、ストアカOpen Researchといったサービスを活用して、オンラインを通じて講師やコンサルティング的なことをすれば良い副業になるというわけです。

ただし、場所はともかく時間は自分の都合をきちんと把握して置かなければいけないので、スケジュールの把握が必要になることを覚えておきしょう。

ハンドメイト品販売やAmazon輸出入

ハンドメイド品をオークションサイトで売ったり、いわゆるせどりやAmazon輸出入などもサラリーマンにおすすめの副業です。

有形無形とわず自分のオリジナル商品を売れるサービスはたくさんありますので、やりがいや趣味と実益を兼ねることができます。

一方で、Amazon輸出入などは、仕入れが必要になるので、リサーチの手間や在庫のリスクが出てきます。

しかし、やりようによっては大きく売上を得ることもできるので、商社的なことがしたい・得意であれば、とてもおすすめです。

Webライターやディレクター、アフィリエイト

クラウドソーシングの発達でWebライターや編集の仕事がかんたんにできるようになりました。

サラリーマンであれば、専門性を確立して半年ほど実績をつめば時給1500円ほどはわりと簡単に達成でき、その後はコネクションなどもできて、さらに高単価を目指せます。

また、納期さえ守れば、作業時間も場所も自由にできるので、続けやすさも魅力の副業です。

そして、Web周りのスキルが身につけば、少しの経費で自分のサイトを作れますから、あなた自身がライターを雇う側に回ることもできます。

もちろん完全に1人でアフィリエイトに取り組むこともできますし、実際に専門性を活かして、サラリーマンとしてよりも大きく収入を得られるようになる人もいます。

現実的なラインでは、半年から1年ほど継続すれば、月に5万円の売上を出すサイトは誰でも作れますので、Webライターの仕事が継続してできてたら、アフィリエイトもしていくのが良いでしょう。

まとめ:サラリーマンにおすすめの副業で将来に備える

副業で幸せに

今回、サラリーマンにおすすめできる副業の条件や具体的な職種をご紹介しましたが、理解は深まったでしょうか?

労働人口の減少から、今後企業の寿命はまずます短くなることが予想されていますし、大手企業の早期退職者募集の話も跡を絶ちません。

ぜひ、サラリーマンの正当な権利である副業を通して、将来のリスクに備えつつ、よりサラリーマンとして活躍できるスキルも副業で手に入れていただければと思います。

-副業 -Parallel Work-

Copyright© -para- , 2020 All Rights Reserved.